アパレル販売の仕事はきついというイメージを持つ人が結構多いようですね。

アパレルの販売員の仕事を長いこと経験したことがある私からみるとそんなことは全然ありません。

一日中立っていることが多い仕事なので、それなりに大変ではありますが、きついというイメージよりも楽しいという言葉の方がふさわしい気がします。

 

アパレル販売員の仕事の「楽しさ」は大きく三つあります。

 

1. バイト仲間や社員さんとの交流が楽しい

アパレルショップで働く人にはある共通点がある気がします。社員さんでもバイトでも変わらない共通点です。それは、アパレルショップではたく人はたいてい、服が好き、ということです。

最新のファッションの話やその年の流行、着こなし方、人気ブランドの新商品情報など、アパレルショップの社員さんや バイト仲間から得られる情報は本当に最新のファッション情報ばかり。自分も知っていることはみなに伝えて喜ばれたり。時々仕事が終わった後に中の良い販売員仲間と買い物や食事に行ったりということも結構楽しいですよ。

 

2.お客さんとの接客が結構楽しい

アパレルショップはユニクロのように基本的にお客さんへの声かけはしないというお店もありますが、他の多くのショップは積極的にお客さんに話をすることを求められます。

お客さんから嫌がられずにお客さんに話しかけるのはなかなか難しいですが、お客さんの相談に答えてあげるのはなかなか楽しいと思いますよ。

自分が知ってる商品知識やファッション知識を駆使してお客さんにぴったりのコーディネートを提案できるのがなかなか楽しいですね。